CELLO AKA MASSAN of HIDDEN ABILITIES

header-LOGO.jpg

TOP2.jpgWHATS-HA-2.jpgDEMO2.jpgARTIST.2jpg.jpgFAQ2.jpgCONTACT2.jpg

HOME > CELLO AKA MASSAN

CELLO2.jpg

PROFILE

青森県三沢市出身。独特且つ、ジャンルの枠にとらわれない奔放なフロウは"濃い"HIPHOP リスナーから、クラブとはあまり馴染みのない音楽好きまで、 多くの人達を魅了し続けている。
2002 年、同じ東北出身[GAGLE]の1st アルバム「3MEN ON WAX」への参加を皮切りに、2003 年に1st アルバム「SING」をリリース。その後、Asayake Production / WSFF2102 / FULLMEMBER / SI-RUDE の作品参加や、7inch「B-STEP」のリリース、2008 年自主レーベル「DISH UP RECORDS」をスター トし、盟友RIYOLO の1st ミニアルバム「AZZNOLOGY」をリリースし、2 曲に参加。
同年末には再びFULLMEMBER と合流し2 作連続でのアルバム参加後、[GAGLE]のHUNGER が主宰する松竹梅レコード限定7inch シリーズによる 「SYLPHID」(Prod.MITSU THE BEATS)でも類稀なる才能と底知れぬ可能性を見せつけた。多くの作品参加による研磨で、更に輝きを増したフロウを携え、 2011 年2 月9 日、待望の1st アルバム「LUCIA」のリリース決定。耳目を集めることは言うまでもない。

myspace http://www.myspace.com/celloakamassan




ALBUM

cello5.jpg

TRACK LIST

01.INTRO
02.OBABA
03.Massound
04.B-steps(not possible ver.)
05.We get up!
06.Cleanr Disk Inter lude
07.HOTEL feat.Tai-shi w 五十嵐
08.LUCIA
09.女歌
10.Massan call
11.my beatiful life
12.One Two on the 8ronix
13.私だけが見る月
14.Distance feat. 音音nene

REVIEW

漆黒のヴァイナルを走る、まるで1本の音溝を辿る針から響いてくるようなMassan の独特な肉声感とフロウ。 自身名義のミニアルバム「sing」から7年半。様々なイベントへの出演、多岐に渡る作品客演を経て、満を持して立ち上げた自身のレーベル「DISH UP RECORDS」から、Massan を中心とするピープル・ツリーが作りあげた1 枚のアルバム。その名は「LUCIA」。2011 年を揺るがす重量級の作品が登場。"OBABA"ではDJ JUCO が作り上げた土着的なサウンドとMassan のルーツとも言える青森・三沢が生んだ独特なフロウによる力強さが見事にDISH UP され、太く・黒い音がMassan のソウルフルな面をアピールするに十分と言えるセンセーショナルな一曲。 以前7"でリリースされたR&B スタイルの秀作"b-steps"をMassan 自らの手でRe-Product した"not possible ver"は、Massan ならではと言える変則的且 つ、緩急の効いたフロウが生える曲。その洗練されたトラックは、クリエーターとしての才能も窺える。以前より親交の深いHUNGER(from GAGLE)をfeat した、"my beautiful life"は、それぞれがMC として歩み、平行してきた道がこの曲で交差し、改めて感 じるお互いの磨き上げられたスキルと確かな手ごたえ。2人の熱きメッセージが聞くモノたちの胸を打ち抜く。 ハイライトは先行配信曲でもある"Distance"。ハイファイなサウンドの上をMassan の滑らかなFLOW と、日本人離れした音音nene の歌声が絡み合い、 情熱的且つ煌びやかなこの曲がアルバムのラストを飾り、より心地よい「聴後感」を味わうことが出来る。 彼ならではの眼差しで切り取られた詩的世界は、時に鋭く時に暖かい。 生身の体温を感じる情緒的な歌詞と、自由度の高いフレキシブルなフロウが既存の音楽ジャンルにカテゴライズされない新しい音楽シーンの始まり。Massan が信じて続けてきたものが今ここにある。